化粧品 ゴミ捨てについて

化粧品をゴミ捨てするときの分別方法

化粧品をゴミ捨てしようとしたときに、何ゴミか迷うことがあります。
基本的に化粧品の中身は燃えるゴミです。
マニュキアや除光液などは古紙やティシュ等にしみこませ、においが漏れないように袋に入れ燃えるごみとして出しましょう。
容器の瓶やプラスチックに関しては各自治体によって異なります。
化粧品容器に関しては、燃えないゴミとしているところが多いようですが、新潟市などは化粧瓶を瓶として回収を行っています。
各自治体に従いましょう。
捨てる際に、プラスチックに鏡がついていたりしたものは不燃ゴミとして出します。
瓶やプラスチックは、綺麗に中を洗って出さなくてはなりません。
この時、汚れが落ちないようなものは瓶やプラスチックとしないようにしてください。

Copyright(c) 化粧品 ゴミ捨て All Rights Reserved.