化粧品 ゴミ捨てについて

化粧品はたまりがちでゴミ捨てに困るもの。

特に女性は化粧品とは長いお付き合いになるものですが、例えば高校生の頃におこづかいをはたいて買った化粧品を思い入れがあって捨てられないって言われる方もおられると思いますが、その化粧品は当時の状況や流行に即して購入したもので今使うのにはやや抵抗はありませんか。
それでドレッサーの肥やしになっていきがちです。
大丈夫っておっしゃる方も20年後も大丈夫ですかと再度問いますとかをおしかめるはずです。
そんなそういった品は成人式や就職や進学といった節目ごとに一新したりするものですから、溜まっていくものです。
仮に液体の場合手のひらサイズの小瓶なら昔からの古布浸み込ませて捨てる方法もあります。
しかしまとまった量だったり、大きめの瓶でしたら。
しかし下水に流すのは化粧品も薬品ですから抵抗があります。
それに容器も重い瓶でゴミ捨てに困るものでったりするものです。

Copyright(c) 化粧品 ゴミ捨て All Rights Reserved.